アイ・アム・サム

「アイ・アム・サム(I am Sam)」は、2001年にアメリカで公開された映画です。

知的障害をの父親と、その父親からのたっぷりの愛を受けて育った幼い娘との純粋な親子愛のストーリーです。 スターバックスで働く7歳の知能しか持たない知的障害の父親サム(ショーン・ペン)は、愛娘ルーシー(ダコタ・ファニング)と幸せに暮らしていました。ホームレスの母親は、ルーシーを産むとすぐに姿を消してしまいましたが、理解ある周囲の人々に支えられ、幸せな生活を送っていました。

しかし、7歳になる頃には、ルーシーはサムの知的能力を追い抜いてしまい、父親サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断されてしまい、ルーシーを奪われてしまいます。ルーシーは施設で保護されることになり、サムはショックを受けてしまいます。

どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、法廷で闘う決心をし、敏腕女性弁護士のリタに弁護を依頼しますが、サムにリタを雇うお金などなく断られてしまいます。しかし、リタは奉仕活動をしているというアピールから無報酬で仕事を引き受けます。サムには不利な裁判が始まります。

サムの障害者の友達たちは裁判で普通の証言ができませんでした。隣人アニーも外出恐怖症を乗り越え、証言台に立とうとしましたが、検察にやり込められてしまいます。

裁判が進行する中、ますますサムとルーシーは親子の絆を深めていきます。結局、条件付きで親権は認められたものの、ルーシーは里親のランディーと一緒に暮らすことなりました。

しかし、サムはその家の近所に引っ越し、ルーシーは毎日のようにサムに会いに行きます。周囲も2人の愛情の深さに気づき、ようやく親子関係を認め、ルーシーはサムの元で暮らすことができるようになりました。

毎日ただ一緒にいたいと思う父娘の無垢で純粋な愛の感動作です。ハンカチなしでは見られない感動を、ビートルズの曲とともに描いた「アイ・アム・サム(I am Sam)」はおススメです。
  1. 2013/04/21(日) 00:08:06|
  2. 感動映画

プロフィール

 かおり

ニックネーム: かおり
自己紹介:かおりの映画評論日記です。
おすすめな映画を紹介していきたいと思います。

好きな映画
インファナルアフェア/しあわせの隠れ場所/フルメタルジャケット

twitterもやってるのでフォローお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSリンク

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約