息もできない

『息もできない』はヤン・イクチュン監督による韓国映画です。
些細な出来事をきっかけに出会ったヤクザの男と女子高生が、緩やかに交流してゆく様子を映画は描いています。
ヤクザにも、女子高生にも、不幸な家族を持っているという共通項があります。
ヤクザは幼少時に暴力をふるう父親のせいで、目の前で母親と妹を失うという過酷な経験をしています。ヤクザの父親は15年の刑期を終えて出所していますが、ヤクザは父親を許すことができないものの、父親はあまりにも老いており、ヤクザは父親との関係に悩んでいます。
女子高生の父親はベトナム戦争出征の影響で耄碌しており、被害妄想めいた言動を繰り返しています。また女子高生の弟はグレてしまって学校にも行っていない状態で、いつも金銭ばかりせびるようになっています。
その救いのない家庭環境の中で出会った二人は、お互いを意識するような関係になっていくわけですが、この映画は残念ながら恋愛映画ではないのです。
映画は過剰な暴力で溢れています。ヤクザは幼少時父親の暴力によって痛めつけられたにもかかわらず、ヤクザの生活に暴力は欠かせないものになっているのです。
しかし、それが変化してしまいます。
借金の取り立てを仕事にしているヤクザのもとに、女子高生の弟が就職してくるのです。
ヤクザが暴力を振るえなくなった時、映画は悲しい終わり方を迎えます。
監督のヤン・イクチュンは監督だけではなく、製作・脚本・主演を勤めています。彼は全財産を自ら出資してこの映画を製作し完成させています。その結果、多くの映画賞を受賞することになるのですが、このように人生を賭けて映画を作る人は、なかなか日本は見られません。
映画を見終えた時、映画タイトルである『息もできない』とは、息もできないほどに閉塞した韓国社会のことを指しているのだと分かります。
しかし映画に描かれた韓国の風景はどことなくかつての日本にも似ていて他人事と片づけることはできず、映画を見ていると、胸が締め付けられるような切実感を感じずにはいられないのでした。
  1. 2014/09/05(金) 07:15:34|
  2. 感動映画

プロフィール

 かおり

ニックネーム: かおり
自己紹介:かおりの映画評論日記です。
おすすめな映画を紹介していきたいと思います。

好きな映画
インファナルアフェア/しあわせの隠れ場所/フルメタルジャケット

twitterもやってるのでフォローお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSリンク

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約