インセプション

『インセプション』はクリストファー・ノーラン監督による2010年に製作されたアメリカのSF映画です。
レオナルド・ディカプリオ演じるところの主人公コブは、他人の夢に入り込むことができる能力の持ち主です。そのコブに対し、日本人実業家、渡辺謙演じるところの斉藤が依頼に訪れます。斉藤は、ビジネス敵のロバートに偽りの記憶を植え付けることで、ライバル会社の解体を目論んでいたのです。
コブはかつての妻が自殺した際、ドメスティックバイオレンスの容疑がかけられて、自分の子供に会えない状況が続いていました。斉藤の依頼に協力すれば、コブは再び子供に会えるようになるのです。コブは斉藤の依頼を了承し、ロバートの夢にダイブする準備を開始します。

夢の世界の設計士であるアリアドネや、深い眠りを用意する調合氏のユスフなど仲間の強力を得て、コブを始めとしたチームはロバートの夢にダイブします。
しかしロバートの夢の中ではコブの潜在意識のために、コブの死んだ妻が現れるのです。コブの妻は、コブを夢の世界に閉じ込めようとしコブの行く手を阻みます。
このように『インセプション』は夢と現実の世界の中を行き来する、複雑な構造を持った作品です。

この作品が優れているのは、いくつかの階層に分かれた夢が、下の階層に行けば行くほど時間の進行が緩やかになるという構造を持っており、そのシステムを上手く利用できている、ということにあります。たとえば3つめの階層で銃弾に倒れた斉藤を救うため、さらに深い4つめの階層にコブ達は進むことになるのですが、その展開がスリリングで、知的関心をくすぐられるのです。

そして最後の階層にはコブの妻が待ち受けています。夢から覚めるには夢の中で自殺すれば良いのですが、現実の世界を夢と混同したコブの妻はその為に自殺してしまっているのです。

この『インセプション』は一度見ただけでは、全体像を掴むのが難しい作品かもしれません。でも二度目を見ると、夢の階層それぞれにしっかりとした理由があって、無駄なシーンが一切無いと言うことがわかります。クリストファー・ローラン監督の頭の良さが、十二分に感じられる作品になっているのです。
また、後世に残るこの作品に極めて重要な役柄で渡辺謙が出演しているというのも日本人としては嬉しいところです。
  1. 2013/08/02(金) 08:41:57|
  2. アクション映画

プロフィール

 かおり

ニックネーム: かおり
自己紹介:かおりの映画評論日記です。
おすすめな映画を紹介していきたいと思います。

好きな映画
インファナルアフェア/しあわせの隠れ場所/フルメタルジャケット

twitterもやってるのでフォローお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSリンク

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約