インファナルアフェア

香港の黒社会で生きる男たち、そのなかでも一人は黒社会から送り込まれた警官もう一人は警察から黒社会に送り込まれた”潜入”の
心の葛藤をこの映画で描きだしています。”潜入”であるヤンは警察学校を中退後ヤクザ組織に入り込み10年近くその世界で暮らしています。 前の組織で3年別の組織で3年とその期間は延々とのびていきその精神も限界に達してします。環境からか私生活も荒れてしまい彼の本当の姿を知っている人は彼を送り込んだウォン警視一人だけになりそのウォン警視もいなくなってしまえば天涯孤独の身となってしまいます。

一方で黒社会から警官になったラウはボスであるサムとのパイプを使い出世街道に乗り作家である恋人もいて社会的にみて成功者としての生活を送っていました。

この映画の面白いところは彼らの心が本質的に善なのか悪なのかという部分によるところです。潜入のヤンは現実世界ではヤクザの一味でドラッグを売り暴力にまみれた生活を送っています。一方ラウはサムと組んでウォン警視の捜査を妨害しながら次第にヤンの存在に気づきお互いに相手が誰なのかを突き止めようとしています。最終的には二人はお互いに手を組みサムの組織を壊滅へと追い込みます。

これはどちか
一人だけの力ではできることではありません。しかしラウはもともと黒社会の人間なのでそれを知られてはならないのでヤンの存在を消そうと試みます。しかしサムの証拠品からラウとの関係を示すものが発見されそれをヤンに握られてしまいます。

ヤンは本質的には警官なのでラウのことを見逃しはしません。

ラウはいいこともしましたが自己保身の欲求が強かったために罪を重ねてしまいます。

ヤンははじめの動機が善的なものだったので現実世界で報わることはありませんでしたが死後その栄誉は称えられることとなりました。

ですのでこの映画を二人の動機ととった行動というところに焦点を合わせてみると面白いかもしれまん。
  1. 2013/04/17(水) 23:52:54|
  2. 警察映画

プロフィール

 かおり

ニックネーム: かおり
自己紹介:かおりの映画評論日記です。
おすすめな映画を紹介していきたいと思います。

好きな映画
インファナルアフェア/しあわせの隠れ場所/フルメタルジャケット

twitterもやってるのでフォローお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

RSSリンク

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約